読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月賞追記

今回は風の影響が強かったので、着順とタイムをすんなり信じるかは微妙。

リオンディーズは向こう正面向かい風を受け、最後の直線は追い風を受けれなくて、それでも4着入線(5着)なので本来の能力はもう少し上と考えるべき。

1~2着馬は向こう正面うまくポケットに入っていたようであり、最後の直線は追い風なので外に出して背中(馬の場合はお尻か)を押してもらって伸びた。

デムーロの誤算は、リスペクトアースが3コーナー入り口まで先頭を守れなかったことに尽きる。おそらく彼は、3コーナーまで2番手で風を回避しつつ、その後トップに立って直線入り口で真っ先に風を受けて突き放す、さらに外に出して風を受け続けることを考えていたはず。実際外に出して進路妨害を取られている。想定では外に出しきるまで後ろは来ないと踏んでいたはずだが、向こう正面で力を使いすぎた分余力がなかった。

そう考えると影の主役はマウントロブソンで、向こう正面でリオンディーズが先頭に立つ場面、外からかぶせていった後にすっと下げている。これがマカヒキ(オーナー同じ)への援護射撃だったとしたら恐るべしだなと。

ディーマジェスティが来た以外は人気通りの決着なので、多くの人(関係者も観客も)の見立ては、ディーマジェスティに対する評価以外はほぼ正しかったと言える。

その意味では、これで3歳牡馬の力関係はほぼ固まったと言える。

1~5着馬まではほぼ互角。ただし、エアスピネルはやや落ちる。

ディーマジェスティと似た位置取りで上がり34秒台を出せなかった馬は実力不足。

リオンディーズより後ろで上がり36.1秒を出せなかった馬は実力不足。

そう規定すると、ダービーで着に入れる可能性があるのは8着馬までということになる。(着狙いという意味ではおまけで上がり36.2のアドマイヤダイドウまで入れるかは若干悩ましい)

あとは、別路線組。