読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有馬記念

サトノダイヤモンドが勝ったが、どちらかと言うとキタサンブラックジャパンカップの再現を出来なかったというレースであった。

ジャパンカップの際に書いたことのままなのだが、今回最終コーナー手前でゴールドアクターに蓋をされたことが最大の敗因で、こうならないようにジャパンカップを走ったが、流石に昨年の覇者は強かったので仕方がないところかも知れない。

もしゴールドアクターがいなければ、おそらくサトノダイヤモンドキタサンブラックの順位は逆になっていたであろう。

でも、ゴールドアクターを責めることは出来ないな、という三強のレースだった。

サトノダイヤモンドは3歳の利を活かした勝利であり来年が勝負。

凱旋門賞、という話だが、個人的には少なくとも古馬においては秋天ジャパンカップ種牡馬選定において現代の日本の最高峰だと思うので、春に2000mの東京(やはり直線は長くて坂があるのが力を見る上では良い)があるといいなあと。