読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年ダービー結果

皐月賞3着まで+リオンディーズ、スマートオーディンヴァンキッシュラン。

穴はレインボーライン、レッドエルディスト、アジュールローズ。

着は拾うが勝ち切れないエアスピネル

上に上げた馬が、不利がなければ10着くらいまでに1秒以内で突っ込んでくる、そんなレースを期待。

と書いた。

マカヒキ  2:24.0 7-8-8-8 33.3 
サトノダイヤモンド  2:24.0 ハナ 33.4 
ディーマジェスティ 2:24.1 1/2  33.3 
エアスピネル  2:24.4 2  34.0 
リオンディーズ  2:24.5 1/2  33.2
スマートオーディン 2:24.5 ハナ  33.6

 

1秒以内は、11着のロードクエスト

やはり今年はこの馬が完全にものさしであった。

ヴァンキッシュランとアジュールローズがここに入れず、

マウントロブソンとプロディガルサンが入った。

前場ほぼ不利がなく、力を出し切ったと考えれば、

エアスピネルより後ろにいて上がり34.0以下の馬は、

現時点のクラシックディスタンスでは明らかに力不足と言える。

今回9着までが34.0秒をクリア。

プロディガルサンとロードクエストは、力不足ではあるが、

ここまでは将来的にG2~3は取れる可能性があるくらいの能力を持っていると判断するべき。

これ以下のヴァンキッシュランは、青葉賞から比べてあまりにも落ちすぎていて、

ピーク落ちであろう。この馬も将来重賞戦線に戻ってきそう。

アジュールローズはもう1戦見てから出ないとなんとも。

しかし、タイムをみても実際の印象からも、前の5,ないし6頭は実力が抜けている。

そして、きっちり着をひろう豊は流石。

今後は1~3着馬は王道路線、4~7着はマイル~2000で活躍を期待。

と言いたいところだが、キンカメは見た目の筋肉以上に距離適性は長いので、

4~5着馬は気性次第で王道路線でも行けるかもしれない。